ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「腸のチカラ」 
口から入った食べ物は胃の中で溶解、分解され小腸・大腸へと送られます。
腸では体内に吸収されやすいように消化し、そして残ったものは糞便として体外へ排泄します。
私たちはこれを当たり前のごとく繰り返しながら生命を維持しています。

人間の腸内には百種類以上の細菌が棲息していて、それらの中に善玉菌と悪玉菌があります。
健康な人は善玉菌が優勢を保っていて、悪玉菌を抑えています。
乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌などの善玉菌は互いに力を合わせ、有効物質を作り出し、悪玉菌に対しての防御網の役割をし、有害物質の根源を絶ちきってくれるのです。
このように腸の中ではミクロレベルの熾烈な闘いが日夜繰り広げられているのです。

健康はまず腸で作られるといっても過言ではありません。

昔から『医食同源』と言いますが、何を食べているかで健康が決まります。
玄米、胚芽米、押し麦、ひえ、あわ、きび、そば、豆類の穀物を主食とし、にんじん、いも、ごぼう、こんにゃく等の根菜類、野菜類、海草類を多く取ると腸内の善玉菌が増殖します。

そしてもうひとつ大切なのは良質な水を取ることです。塩素を大量に含んだ水道水は善玉菌を殺し、異常発酵を起こします。

また、欧米化した食生活から動物性蛋白質や脂肪、スナック菓子からは糖分を取り過ぎ、有害な腸内細菌が増え腐敗が起こります。それが細胞や遺伝子を傷つけ、ガン細胞を作ります。
肉食中心のアメリカ人の腸は固くて短く、内腔も狭く、憩室があり、宿便の残存率が多く、大腸ガンに罹る確率が高いそうですが、食の欧米化が進む日本人もこの傾向が急激に増えているそうです。

日頃から「時間が来たから」とか「スタミナをつけねば」と無理に食事を取ろうとしていませんか?
それは脳が欲しているだけで、腸は不快に思っている。
「食べたい時に、食べたいもの」を取るのです。本当に食べたいものとは、その時カラダがその栄養を欲しているということです。
しかし目や耳から入ってくる間違った食欲という情報に惑わされてしまうのです。

胃や腸が疲れている時は「少し休みたいと訴えているのだな。」と腸の気持ちを察してあげましょう。
無理に食べれば胃で消化されないまま腸の奥へ奥へと押し込まれ、さすがの腸も疲労しきって便を貯めてしまいます。

『長生を得と欲せば常に腸内を清くすべし。不死を得んと欲せば、腸内滓(カス)なかるべし。』
| メールを送る |


<<「第2の脳」 | 「きっかけは、ビーチクリーン」 >>
ビッグマッサーHPはこちら