ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「ビッグマッサーⅡ」

家電量販店の一角。

ずらりと並んだ黒い革張りのソファーが私を誘惑する。
その中の一番高いやつを探し、身を沈め、目をつぶり、盗むワザがないか探している。
「もみ、たたき、ねりもみ、緩急もみ、振動もみ、つかみもみ、ほぐしもみ、ストレッチ」マッサージチェアー業界では、これを「もみ味」と言い、「三次元駆動のもみメカが多彩な動きを実現!」と謳う。もみ玉が温かくなり、手先、足先まで揉みほぐしてくれた。世にマッサージチェアーが登場して半世紀、今尚進化を続けているのだ。

東京ビッグサイトで行なわれる健康博覧会という健康グッズの展示会に足を運ぶと一際大きなマッサージチェアーブースに目を惹かれる。
「私の監修でマッサージ機を作って下さい。」と直訴した。
アイデアは、カラダをMRIのような筒状の穴の中に入れ、コンピューターを駆使し、体型を捉え、過去の病歴なども入力し、体質にマッチした刺激を与える。これは、腎臓の結石を外から振動を使って粉砕したり、腫瘍を焼いたりする技術を応用する。

確かに今のマッサージチェアーは、平面だけでなく、下からも横からも押されて、まるで大きな手で抱き締められているかのようだ。ただ、揉まれる玄人の欲求は、これだけでは、満たされない。
指圧の醍醐味は、ピンポイントで奥に侵入し、そこから四方八方に放散する熱い響きだ。
それには、座った形では、どうしても甘くなる。圧を入れたければ引き手を利用する。

空手の突きもそう。引き手があるからこそパンチが伸びるのだ。
圧する方向の反対側から優しく包み込む受け手が大切なのだ。押しっ切りではなく、点に自らを近付ける。乱暴な言い方をすると羽交い絞めにするのだ。しかしポイントが少しでもずれれば、痛いだけで筋肉に炎症が起きる。逆に言えば逃げられることで、リスクを回避している。
まさに紙一重。文字通り奥が深いのだ。

私の頭にはそのマニュアルがある。と、自画自賛してもしょうがない。
「まだ機械には負けねぇーぞ!」の裏返しだ。
しかし、もしこれが実現したら、自分が一番やってもらいたい。

私の分身、その名も「ビッグマッサーⅡ」だ。
| メールを送る |


<<「亘理をわたる風」 | 「目は、心の鏡」 >>
ビッグマッサーHPはこちら