ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「引く勇気」
1996年に起きたエベレスト登山史上最悪の遭難事故の実話に基づく山岳映画。

登山ガイド会社の公募によって各国から集まったアマチュアの登山家を引率し、登頂を果たすというものを商業登山という。登山隊は、時間をかけながら高地に体を慣らし、チームで山頂を目指す。ルート上でスケジュールを崩すような想定外のアクシデントが体力を奪い、高山病の危険性が高まっていく。チーム員の異なる体力差が次第にガイドの目を行き届かなくさせてしまう。夢にまで見た頂上がすぐ目の前に見えると諦めることができず、体力の限界を推してまで歩を進めようとする。陽のあるうちに下山しなければ、無事に帰還できなくなる。ガイドは、顧客にタイムリミットを告げ、諦めるよう説得するが、そこでの優しさが、その後の彼らの運命を大きく変えてしまうことになる。結局酸素ボンベの残量は、底を着き、凍りつく寒さと荒れ狂う吹雪の中で身動きが取れなくなってしまう。

「山が呼んでいる。」と高額な費用と多くの時間を費やしているからこそ諦めがつかなくなる。安全性を犠牲にしてまで手に入れたい登頂への欲望。エベレストゲームは、登山の倫理を崩してしまった。

この映画から学ぶことは、挑むことより、引く勇気が尊いということだ。極限の中で迫られる判断をいかに下すのか。8000mを越える領域では、人の意志など吹き飛ばされてしまうほどに小さなもので、その運命を決めるのは、自然そのものだ。自然の猛威を前に人間は、いかに小さな存在かと思い知らされることになる。
| メールを送る |


<<「南相馬」 | 「北三陸サーフトリップ」 >>
ビッグマッサーHPはこちら