ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「肥後もっこす」
一度決めたらてこでも動かない。頑固で妥協しない九州男児のことを肥後もっこすというそうです。昨年四月に発生した熊本地震。震災発生以来一年が経ちますが、被災者支援のため、先日、神奈川県鍼灸マッサージ師会の先生と共に現地へ向かいました。

夕暮れの熊本空港は、ムッとした湿度の中で汗が身体にまとわりつきます。熊本市内に向かうまでに地震の爪痕は、感じられません。熊本城のお堀を過ぎた辺りでバスを降りました。現地のコーディネーターを務める熊本県師会の先生方と落ち合い、名物桂花ラーメンをすすりながら当時の話を聞きました。「我々熊本県人は、地震が起こるなんてこれっぽっちも思っちょらんかとです。揺れが来た時は、そりゃびっくりしましたよ。部屋の冷蔵庫からたんすまで、まるで洗濯機の中で掻き混ぜられているかのようでした。のんびり屋さんの肥後もっこすは、柱に掴まっているのが精一杯でした。辺りを見廻すとガラスは割れているは、家具は、散乱しているは、凄い状況でした。しかし、すぐに治療院を開けました。負傷者を病院に振り分け、自分に出来る処置をし、地域のために頑張りました。地震とは、縁のない人々の防災意識の低さを露呈しましたね。」

翌日は、市内から東へ20キロ程走った西原村という所へ行きました。この先に阿蘇山がある緑豊かな村です。ここは、西隣の益城町と並んで被害が激しかった地区です。既に復旧したかに見えますが、まだ至る所にブルーシートが掛かった家屋や屋根が傾き、瓦が崩れ落ちた家、崖崩れの復旧工事も見掛けました。その中心部にある仮設住宅に到着すると、私たちを被災者の方が、集会場で出迎えてくれました。ベッドをセットし、簡易治療室を設けました。このマッサージボランティアは、毎月全国の鍼灸マッサージ師が交替で来ていて、それを楽しみにしている方も多く、時間になると続々と集まってきます。

そんな中ある方は、「家の三方の石垣、裏山が全部崩れ家を失った。それ以来恐ろしいことばかり考える。夜も眠れない。」と睡眠不足からめまいがすると訴えます。私たちに出来ることは、こうやって話を聞くことと、せめて症状が改善するように、いつも通りの施術をするだけです。生活を再建するのは、並大抵のことではないと想像がつきます。自分なら投げやりになってしまいそうなところを彼らは、壁に手を付いて懸命に堪えているように感じました。帰り際「みなさんも神奈川までお帰りの際は、気を付けて。」と言って、クーラーの効いた部屋を出た瞬間「暑い!」と叫びながら、太陽に負けそうな自分を何とか揺り起こして家路に戻る背中を私たちは、見送るしかありませんでした
| メールを送る |


<<「うみぴか」 | 「英雄アキレウス」 >>
ビッグマッサーHPはこちら