ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「200号」
2001年に創刊された毎湘通信は、遂に200号を迎えました。波乗りの先輩である渡辺新聞舗のサトルさんから「今度うちでミニコミを作るから協力してくれないか?タイトルは、サーファー院長の骨休めにしたから。」と言われ、軽い気持ちで引き受けたのが始まりで、創刊号から書いています。
第一回目は、「9月のボディートラブル」という題名で腰痛のメカニズムについて書きました。ちょうどその頃アメリカで同時多発テロが起き、世の中が混乱しているさなかでしたが、パソコンのできない私は、原稿を手書きしていました。その後パソコンを覚え、毎月コツコツと書き続け、10年後には、100号が発行されました。読み返すと「まさか100号も書くとは思わなかった。」と書いています。しかし、反響がなく、果たして面白いと思ってもらえているのか、誰が読んでいるのか、誰に向かって書いているのかが全く掴めませんでしたが、次の200号を目標に書いていきました。

2011年の東日本大震災以降、震災のことを書くことが多くなりました。震災を通じてサーファー同士の交流を深めた岩手県洋野町の巨大サーフボードの話。宮城県亘理町、南相馬市の仮設住宅でのマッサージボランティアでは、施術中に聞いた被災者の体験談や現地で私の目で見た情景などを書きました。この様子を伝えるべきだと考え、自分なりの表現で書き綴りました。そういうコラムを読んでくれた読者の方からの感想が次第に私の耳にも届くようになり、それを励みに、毎月原稿締切りまで悩みながら書き続けてきました。こうして今迄のコラムを思い出しながらこの200号を書いています。

物事を伝えるということは、正しい知識を習得することになり、ひいては、患者さんに自分の考えを分かり易く説明することに繋がりました。非常にすばらしい経験をさせていただいたことに感謝しています。17年間私のコラムを読んでいただきまして、誠にありがとうございました。長く続けてきましたが、今号で終わりにさせていただきます。

私の日常は、同名のブログ「サーファー院長の骨休め」に引き続き掲載していきます。バックナンバーもホームページで200号全て読むことができます。私は、2020年の東京オリンピックに向けて、仕事を充実させ、オリンピック後には、人々がより健康になる社会を築くための担い手になるように邁進していくつもりです。
| メールを送る |


| 「障害者スポーツサポーター」 >>
ビッグマッサーHPはこちら