ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「水の流れ」
「お前の心は鉄の棒だ!心に遊びがないんだ。風が吹けばしなる竹のように、風になびく柳のように、もっと自由で広い心を持ちなさい。」と言ったのは、テレビ番組「ズバリ言うわよ」の中で細木数子がアクション俳優ケインコスギへ送った言葉だ。アメリカで大成功を収めたスター俳優ショーコスギを父に持つケインコスギは、親元を離れ父の生まれ故郷日本に単身やってきた。彼は父を目指し、自分を律し、あえて苦しい道を選び、真の武道家になるべく頑張っていた。その過酷なまでの鍛錬は、やがて心を失い、鉄のように固いハートを形成してしまったのである。細木はこうアドバイスする。「たまには合コンにも行きなさいよ。もっとスキを見せなきゃダメよ。」今までやってきたことは間違えだったと切り捨てた。「何も苦労することが、修行じゃないの。もっと日本の文化に触れなさい。そして日本のいい所を吸収するの。そうすればもっと幅の広い俳優さんになれるわよ。そしてねぇ、絶縁状態のお父さんと仲直りをしなさい。アメリカに帰ってお父さんの胸に飛び込むの。投げ飛ばされたっていい。お父さん手加減してぶっ飛ばしてくれるわよ。何も恥ずべきことじゃない、親子なんだから。」黙って聞いていたケインは目を真っ赤にしてこらえていた涙をこぼした。
この番組は、細木がゲストにズバズバものを言う所が受けている理由だろうが、何も個人を攻撃するのではなく、万人に向けたメッセージが込められている。今回は親子の絆がテーマだったが、人としての行き方や常識、古来の礼儀作法まで言及しているところが、この番組の良さだ。
私はこのケインへのメッセージの中で「風が吹けば柳のようにしなやかに…」という下りにハっと思った。「自分は人の体を診る時に鉄棒の心で診てはいなかったか?決まったセオリーで対処していなかったか?」と。私はいつも海の中で水をかき、波の上にカーブを描き、時に波に巻かれ、水流というものを体感している。柳を水に置き換えるのだ。水は捉え様のない物体で常に変化する。人間の体の殆どが水で出来ているという。すなわち水が水を治療しているのだ。水の貯まった所それこそが、漢方でいう気血の滞り、コリである。その水の滞るダムを放流してやればよいのだ。いや、凝っている所を押すだけなんて素人でも考えそうなことは考えていないよ。ダムの水を貯めている原因はその上流にあるのだ。(ここから先は企業秘密)とにかく水は流れていないと腐る。常に還流し、サラサラと流れていれば活気に満ちるのだと。その細木先生の言葉に気が付かされた。要は、臨機応変に対応できる心の器を広げ、余裕と遊びを持てということだ。
さて、私の運気は上昇するのかな?細木先生占って!
| メールを送る |


<<「人生の大波に乗れ」 | 「水中適応型体型」 >>
ビッグマッサーHPはこちら