ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「骨折のはなし」
 以前から首の痛みなどの治療で来院されていた90代の患者さんから、ある日電話があった。「自宅で立ち上がろうとしたら、バランスを崩して尻もちを付いちゃってね。そしたら動けなくなっちゃって。」明日病院に行くので次の予約をキャンセルしたいとのことだった。その3週間後来院して下さったので経過を聞くと、「病院でレントゲンを撮ってもらったら、骨に異常はないと言われました。湿布をもらっただけで、家で安静にしていました。だけど今も寝返りを打つと腰が痛くてね。それも大分良くなってきたから、また先生に診てもらおうと思って来ました。」椅子に腰掛けた姿勢は以前より腰が曲がっており、洋服をめくって直視すると背骨のゴツゴツが後ろに突出していた。押しても痛くないとは言うものの、年齢的な問題や発症のし方など骨折は本当にないのか、疑いがあった。「もう一度別の病院で診察してもらった方がいいですよ。骨に異常がないということで、ここで私がマッサージなどを施した時、この体に無理な圧力が掛かって逆に痛めてしまう可能性があります。私は今まだ骨に異常があると判断していますから再検査をお勧めします。」と言った。本人も納得されたようで、翌日別の病院を受診し、結果は、腰椎にひびが入っていたそうだ。その後自宅で安静にしていて次第に自宅周辺で歩行訓練をし、徐々に回復して骨は元に戻ったそうである。ひびは不完全骨折といって比較的軽傷かもしれない。しかしこれを完全に見逃し、マッサージを施していたら、腰痛は悪化し、治癒を遅らせていたかもしれない。私たち指圧、マッサージ師は、骨折や脱臼は、禁忌症といって手を施してはいけない疾患になっている。しかし、患者さんは、痛ければ何とかしてもらいたくて来院する。「ここが痛い!」と言ってベッドに寝てしまえば、揉むしかないのだ。そこで判断を誤れば…。骨折は整形外科、接骨院に任す。しかし骨折や脱臼の後遺症は、私の出番だ。骨折し安静を保っていた周囲の筋肉は拘縮し、固くなり関節が機能低下に陥っている。そこを温め、マッサージし、ストレッチすることで機能を回復することができるのだ。
| メールを送る |


<<「腰痛予防運動」  | 「縦揺れ、横揺れ」 >>
ビッグマッサーHPはこちら