ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「筋緊張性頭痛」
今回は私、OISO養生館スタッフの湯山健作が私も経験がある筋緊張性頭痛についてお話したいと思います。
慣れないことや、初めて会う人とのおしゃべり、仕事で一日中デスクワークをしたりすると首や肩が凝ったりそれに伴って頭が痛くなったりした経験はありませんか?
筋緊張性頭痛は首、肩の凝りを伴う持続性の慢性頭痛でしめつけられるような痛み、頭重感を訴え、ひどい時は吐き気・めまい感をおこすこともあります。
 身体的なメカニズムとしてはまず何らかの原因で首や肩の筋肉が凝って硬くなり、筋肉の下を頭部に向かって走っている血管を圧迫して肩から首、頭部にかけて血行不足の状態になり特に頭部には酸素が行き渡らなくなる酸欠状態となって頭痛を引き起こすのです。
この原因としては運動不足によるものとストレスや緊張によって起こるものがあります。
筋肉は本来、人が意識的に筋肉を動かすとポンプ作用によって収縮・弛緩を繰り返し、血の流れがよくなりますが、運動をせずに同じ姿勢を続けたり、ストレスや緊張があると凝りができ、筋肉が収縮したままの状態になります。筋肉が収縮し続けている部位は血やエネルギー不足に陥りやすくなるのです。更に首や肩あるいは背中にかけて付いている筋肉は呼吸(息を吸う時)に関係する筋肉が付いているので凝りが強いと酸素を体内に取り入れにくくなります。
この手の頭痛は頭痛薬を飲む以外に指圧やマッサージで凝っている首や肩の筋肉をほぐすだけで大分楽になるでしょう。他に簡単にできる頭痛解消法としては同じ姿勢を取り続ける作業をしている時は途中で休憩をはさんでストレッチ体操をしたり、普段から何か簡単でもいいですから運動をすることをお勧めします。深呼吸をするのも脳内に酸素を取り入れるという意味で大変有効です。
頭痛は不快で何とも払いのけたくなる症状ですが、首や肩の凝りに伴う頭痛に悩まされている方は前述の頭痛解消法を実践してみてはいかがでしょうか。
 


| メールを送る |


<<「海道 KAIDO」 | 「呼吸と姿勢」 >>
ビッグマッサーHPはこちら