ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「マシンウェーブ」
波乗りあとのあの心地よい疲労感や充実感、あれはどこから来るのでしょうか?「セットのあの波いい波だった。」「あの当てこみ、板の返しが絶妙だった。」ボードと波と自分とが一体となった時「サイコー!」となるのがサーフィンです。でもそれだけでしょうか?
波に乗る行為さえ満たされれば全てOKではないのがサーフィンのいい所です。
 私は以前ウェーブプールで何回かサーフィンを体験したことがあります。しかしなぜかいつものような心の底から涌き出るアドレナリンやアルファー波というようないわゆる満足感を得ることが出来なかったのです。それよりむしろ欲求不満の方が貯まってしまい何とも言えない虚しさが残りました。
工業地帯にあるそのウェーブプールは、室内で暑いくらいの暖房が効いていて、一年中トランクスでサーフィンが出来ます。そして壁にはコンクリートで出来た岩が埋め込まれ、やしの木が植えられ、南国情緒一杯です。ジャグジー付きの風呂やジュースなどが飲めるバーも完備され、ゆるやかな音楽がかかりサーフィンするにはバッチリの環境が整えられていました。肝心の波の方はというと文字通りのマシンウェーブで、腰サイズのレギュラーオンリーの波が数秒間隔で次々と出てきます。チューブも巻きますし、リッピングも出来るいい波です。飽きる程乗れ、最後にはシャワーを浴び、更衣室で着替えて終了です。
しかし、何かが違う、納得できない。心地よい疲労感とは別物の疲労感が心と体にまとわり付きます。このまま街に繰り出したくなるような、暴れ出したくなるような、毛穴からエネルギーが出切っていないというような感覚がありました。
何が足りないのか?それは五感を揺さぶる自然の恵み。太陽の光、ミネラル豊富な海水の臭い、風の音、海鳥の羽ばたきや魚のはねる姿など。ウェーブプールのそれは全て造り物、不自然だったのです。自然が造り出した波という生き物は様々な要素で成り立っています。あらゆる気象条件が折り重なった時、パーフェクトな波が造り出されるのです。それは決してお金で買えるものではなく、買うものでもないのです。
ポイントに着くまでどんな波なのか想像している時のワクワク感。例え雨でも三角波が崩れていれば最高だし、波が小さくたって夕陽がきれいならもう感動。こういうことの全てがサーフィンだし、自然なのです。毎日パーフェクトだったら面白くない。パーフェクトは少ない方がちょうどいい。


※ウェーブプール:ワイルドブルー横浜、宮崎シーガイヤなどにある、プールにて人工波製造装置から作り出される波で遊ぶ施設。通常は一般客に利用されているが、時間帯によってサーファーに開放される。有料。
| メールを送る |


<<「ホネヤスメ@ニューヨーク」 | 「マッサージ侍」波田“ビッグマッサー”陽区  >>
ビッグマッサーHPはこちら