ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「アクアライフ」
「遊び」という文字はもともと「游」と書き「氵」は、水。「斿」は、吹流しの意味だそう。鯉のぼりの鯉や吹流しは無風状態では生きがいをなくしたようにうなだれているが、ひとたび風が吹いてくると「面白そうに泳いでる~♪」と生き返ったように元気になる。これが強風過ぎるとそれはそれでストレスとなるが、止んでしまえば、泳げない。いかに風を捕らえ、しっぽから逃がしてやるかが泳ぐ秘訣なら、ストレスを避けるより、ストレスをうまく利用し解消させる努力をする方が得策といえる。

ひとは水に親しみやすい。ストレスが溜まると自然と海を見に行ったり、温泉に入ったりする。私たちサーファーも海に入れば悩みも吹き飛ぶ。水に遊ぶことがリラックスに繋がることを本能的に知っているのである。

「Water is friendly水は優しい」という言葉があるように、水は人間を快復に導いてくれる要素がある。「健康づくりの3養素」とは動養、栄養、休養だ。運動ではなく、「動養」とは聞き慣れない言葉だが、動きながら健康を養うという意味だ。この3つがうまく交わりながら健康を維持していくことが大事だが、特に一般の我々社会人はプロスポーツ選手ではないのだから、苦しくなく、楽しんで健康になりたい。日常生活で肉体疲労や精神的ストレスが溜まっている時でも、思い切ってカラダや心が喜ぶようなレジャーレクレーション(遊び)を積極的に行うことで、ただ単に休養することよりもリラックスできてしまうことがある。これを積極的休養という。「気持ちのいいことならおやりなさい。」とドクターはいう。何が自分にとって気持ちいいの?
「我々は全て歩く水たまりである」生命は水とともにある。全ての細胞は水によって栄養分を取り込み、水によって老廃物を吐き出している。水は体内において溶解、運搬、体温調節を行ってくれていることで生きていくことができるのであり、水なしでは4日と生きることができない程カラダは水を要求している。

テクノロジーは発達し、情報は高速化し、人間の可能性は益々開発されるだろう。しかしこうして生活が便利になる程人生の質や心の豊かさを追求したくなるものだ。人間は誕生の瞬間からストレスにさらされている。現代の自然回帰指向は人間を素朴な人間のままにしてくれる唯一の方法だ。

この夏、水に飛び込まずにはいられないだろう。

| メールを送る |


<<「猛暑」 | 「キッズサーフィンチャレンジ」  >>
ビッグマッサーHPはこちら