ビッグマッサー タハラ
TAGS
PR
others
Search this site.

●営業時間
10:00~21:00
(最終受付 20:00)
日曜日休診
予約優先
急患随時受付

詳しくはビッグマッサータハラのHPで
http://www.bigmasseur.com

normal | list
「センス」 
芸術やスポーツの世界では、度々センスという物差しで作品を計ることがある。

「このデザインに作者のセンスを感じる。」
「あのゴールは、あそこにパスを出した選手のセンスが光る。」
などとそのイメージがアバウトでありながらも互いに共感がなされている。

サーフィンを観賞する時もセンスという表現で形容することがある。
「彼の乗り方は、センスがあるよね。」それは、波と調和し、流れるようなラインを描き、見ている者を楽しませ、自分もやってみたくなるようなサーフィン。
スピードを出し、無理やり板を蹴飛ばし、スプレーを撒き散らすようなサーフィンは、豪快だが、ここで言うセンスという表現には、当てはまらない。
丁寧に波を乗り継ぎ、繊細でスムーズなものを言うのだ。それを表現するには、波のスポットに身を置かなければできない。波が崩れる瞬間、そこには、水を巻き上げ押し出す力がある。足の裏から全身に伝わるエネルギーを捉え、そこに身を置けば自然とボードは走り出す。
センスのある人は、その自然から発せられる信号を敏感にキャッチしている。

マッサージにもセンスが存在するのだろうか。
「そこをその角度でそのくらい押してくれ。」というのがピタリとはまる。
「もう、我慢できない。」というところで止める。「何でそこが痛いのが分るの。」
それは、相手の反応に耳を傾け、自分が揉まれているが如く同化する。

マッサージにマニュアルはない。人それぞれに特徴があり、パターンには当てはまらない。
人にやってもらった時に感じた「最高に気持ちいい!」という印象をカラダの中に残しておいて、それをコピーする。でもそれは、必ずしも自分と同じ印象を求めているとは限らない。
相手は、今どう感じ、どの感じが欲しいのか。「あの感じ」を引き出しの中から探して粘土のように貼り付ける。それを物語の中にどう組み込むか。

そこは、マッサージ師のセンスが問われるところだろう。

出来上がりは、作品なのだ。
| メールを送る |


<<「軽トラと腰痛」 | 「足と背骨」 >>
ビッグマッサーHPはこちら